ウェブサイト版

 図・写真は除く文章のみを掲載。

神秘の大樹だいじゅシリーズ第二巻
神秘の大樹
  ヒロシマとつる姫

 

 

 

まえがき

 

 神秘の大樹シリーズ第一巻では、偶然の一致といわれている現象を実体験に基づき、二五の話を取り上げて、エッセー風に考察を試みてきました。
 心の世界は、とてつもなく広く深い、糠に釘のたとえどおり、手ごたえのない厳しい世界であります。その厳しく難しい世界に学究者でもない者が挑戦している訳ですが、一つ確かなことは、記述のすべてにわたって、実際に体験を通しての実例から浮き出す真実を体感できるのが唯一の強みであるということです。
 心の世界の九九・九九パーセントが過去の心であり、また、歴史上の心でもあります。換言するならば、死の世界の現実は生きているということです。心の九九・九九パーセントの死の世界は生きているということなのです。〇・〇一パーセントという刹那の、今の心こそ自分の思いであり、死の世界の代弁者でもあるわけです。
 極言するならば、自分のいのちの中は生きている死の世界であって、魂は決して死ぬことのない輝く世界だといえるでしょう。肉体の死は生きている心の世界なのです。
 そんなバカな、と思うかもしれませんが、実際に肉体を消した人々の心は魂となって、この身の中で生き生きと輝き続けています。この身から魂を抜いたら、もぬけの殻になります。だからこそ、偶然の一致といわれる偶然の出会いや、出来事が、人々の暮らしの中で起きている訳です。魂は、今の心を道明かりとして、縁結びの使者になって活躍している訳です。
 偶然はいのちの監視下で、魂と魂の結び合いの流れの一片がひょっこり地上に顔を出したというだけのことであり、また、それは延々と続く縁結びのドラマの流れの一片の息遣いということができましょう。
 魂の息遣いとは、いのちの中から発してくる魂のメッセージなのです。
 我々の心の奥底は、今の心の方向性に合わせて、すなわち、今の心を道明かりの灯台としています。そして魂は縁結びの使者となって活躍しているわけです。魂は原子の光に乗って飛び回っているのです。

 思いは生きものだ
 目的に向かって飛んでゆく
 縁エネルギーになって飛んでゆく

 思いが生きものなれば
 花を求めて飛んでゆく
 実を結ぶために飛んでゆく

 思い強ければ強いほど
 持続すればするほど
 縁の花を咲かせて実を結ぶ

 この世の空間は心の海だ
 錯綜混交の海だ
 見えたら一歩も歩けない

 心に合った縁が待っている
 心は縁結びの使者となって
 人生喜怒哀楽の実を結ぶ

 縁の使者となった魂たちは、原子の光に乗り、文字・数・色、その他、この世の媒体を介して訴え続けています。現れ方としては、偶然の一致であったり、夢であったり、時にはヴィジョンであり、閃きであり、霊言となって発現することだってあるのです。数ある魂の媒体表現の中で、「文字・数・色」の媒体を介し、魂は、肉体は消えても心は生きているのだ、ということを証し続けているのです。
 神秘の大樹シリーズ第二巻の本書では、おそらく人々には見過ごされるであろう、それも、原爆ドーム前の、橋の上に落ちていた一羽の小さな折鶴が、天の扉を開く声なき声の現実の姿であったのです。肉体を消した魂の切実なるメッセージでありました。
 現実の世にあって、これ程の非現実の現実が万光の光を輝かせていたとは、神のみぞ知ることであったか。これまでに、これ程の偶然の一致があったでしょうか。否、共時性現象があったでしょうか。
 死んで、ただ煙になって消えるのではありません。心は厳然として活躍しているという現実を誰が否定できましょうか。「偶然」の二文字の便法は一羽の折鶴によって、人の世から消えたのであります。
 本書は、第一章心のつる草、第二章魂を乗せた一羽の折鶴となっており、一章は、いのちと心についての随想を用いて本題の二章へと導入しております。
 二章は、小さな折鶴を通して「縁結びのメカニズム」を創作シナリオ形式にして説話風に進めてまいりました。現実を生きる自分が、実は億万年から連なる亡き心たちの複合霊体(魂)であること、そして、死んで消えたのではなく、心は実に生き生きと輝いて、自分を自分たらしめている原動力であるということ、そして、死んでも生きている心の世界を、一羽の小さな折鶴が明白に証してくれました。
 その証しは、「文字・数・色」という媒体に乗って、原爆ドーム前の、元安橋の上で待っていたのです。

 

 

 

神秘の大樹Ⅱ 目次

 

 まえがき
第一章 心のつる草
第二章 魂を乗せた一羽の折鶴
第三章 おわりに
 あとがき