共時性現象は、魂という意味での「心」が、肉体的な生死を超越していることを暗示しています。であれば、客観と主観、客観的・主観的という概念は、心の霊的性質を踏まえた上で、欲求、意志、感情、想像、思考、記憶、直感などの定義をあらためて考察すべき課題であるはずです。しかし、現状では力不足のため、改訂をあきらめ掲載内容のほとんどを削除しました。以下の文章はそのごく一部です。客観と主観については触れていませんが、よろしければ、心の性質について触れた「体と心の相関性」をご参照ください。

 

客観と主観

§想像と直感、辞書では

 

『広辞苑 第四版』[岩波書店、1997年(平成9年)]には、以下のような説明があります。

 

  • 「想像」→ ①実際に経験していないことを、こうではないかとおしはかること。②実際の知覚に与えられていない物事の心像(イメージ)を心に浮かべること。 
  • 「空想」→ 現実にはあり得るはずのないことをいろいろと思いめぐらすこと。【心理学】想像の一種で、観念または心像としてあらわれる精神活動またはその所産をいう。願望充足の機能を持つことがある。
  • 「直感」→ 説明や証明を経ないで、物事の真相をただちに感じ知ること。
  • 「直観」→ 一般に、判断・推理などの思惟作用の結果ではなく、精神が対象を直接に知的に把握する作用。直感ではなく直知であり、プラトンによるディアレクティケー[※ギリシャ語の「対話」]を介してのイデア直観、フッサールの現象学的還元による本質直観など。 

[※]『知識創造の方法論』野中郁次郎著、2003年、東洋経済新聞社

 

人間の意識世界において、「想像」と「直観」や「直感」との間に、明確な線があるわけではないとはいえ、意味の上で、かなりの開きがあることがわかります。

 

§本質を感じ取る直感

 

共時性の記録を通して生命を考察する『神秘の大樹』(全4巻)という本があるのですが、随想(1巻と3巻)には、現象の本質を察知する際の表現として「直感」という言葉が多用されています。ほかの共通点を挙げると、「想像」という言葉は「想像をはるかに超えて」という慣用的な使い方がほとんどであること、「第六感」「霊感」は一度も使われていないことです。

 

「心の波長を限りなく微細に絞り込んで、集中力を高めようとする。その集中度の個人差がある中で、各人が、それらの思いを寄せたところの、心の磁場において、はっと何かを知覚する瞬間がある。それはあの、魚を釣り上げる一瞬にも似て、心が何かと見事に同調する体験は得難いものである。」(『神秘の大樹』第3巻「生命8字は心の宝」p.123より)

 

「直観」や「直感」は、無意識的(潜在意識の)領域からの瞬間的なひらめきという印象があります。「はっと何かを知覚する」ように、それは、発見にも似たひらめきや気づきのようなものだと理解しています。

 

ユング氏は、人間の無意識の奥底にある人類共通の素地とされる「集合的無意識」のことを「人類の歴史が眠る宝庫」と表現したといいますが、上の例を見る限り、霊的な存在が関与する共時性の認識は、無意識的な意味合いをもつ「直感」が重要な働きをしていることを示しているとおもいます。また、誰でも働く力なのかどうか判らない「霊感」「第六感」という言葉が用いられていない点は、誰でも体験する現象であることを表しています。

 

出典・参考図書

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第三巻 文字・かず・色であかす新次元』の詳細・閲覧ページにリンクしています

神秘の大樹 Ⅲ
文字・数・色で証す新次元

菅原茂/おりづる書房/2012年

本の総合情報

 

文字・数・色は人間の意思だけではなく、生死の境やほかの生物などと境なく、いわゆる「霊」や「魂」の意志性を代弁している。 共時性現象(=偶然の一致)は、それを認識させてくれると同時に、一人ひとりに対するあたたかい道案内の現象だと伝えている。

 

 


共時性とは何か

cloud like the dog

時空や生死を超え、人種や生物種も超えて、いのちには境界がない証し

 

因果性とは何か

広義の因果性(想像図)

「因果性」の実際は、それほど単純ではなく、もっと複雑。科学的な「法則」は、限定的な条件のもとでのみ有効だ。

 

偶然にひそむ因果

cloud like the dog

因果性がないというより、今の科学の尺度では説明できない、と言うべきではないのか。

 


共時性の真価

一羽の折鶴

平成5年8月6日、広島平和公園で偶然発見された一羽の折鶴。共時性現象の真の価値は、生命現象そのものではなく、それが生命の真実を示していることだ。

 

体と心の相関性

在来原種の亀ノ尾と女鶴

私たち現代人が見失っている食の本質。生命と生命現象の根源は食にある。自分のいのち食のいのちに対する考え方が問われている。

 

サイトの概要

『神秘の大樹』シリーズ

サイトの趣旨、本の紹介・説明、なぜ今これらの本を推すのか。サイトマップ他