図書館情報

酒乱
米の生命いのちが生きるまで

▼閲覧ページへ

書籍『酒乱 米の生命が生きるまで』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 

『酒乱 米の生命が生きるまで』は、この著者の作品の中でまず一番おすすめしたい本です。この本を一言で表現すると「赤裸々ないのちの叫び」。「いのちとは」「心とは」という文字通りの “命題” について、体験を通じた非常に強いメッセージを発しています。後年、この著者は『死んでも生きている いのちの証し』『神秘の大樹』という著書を出版しているのですが、第一作である『酒乱 米の生命が生きるまで』を読むと、なぜこの著者が共時性を切り口にして「いのち」を語るのか、腑に落ちるのではないかと思います。私自身もそうなのですが、自分の心なのに、自分のいのちなのに、なぜこんなにコントロールがむずかしいのか…大声で叫びたくなるような、張り裂けそうな思いを経験したことのある人はきっといるのではないでしょうか。人間は、自我の欲望が自分を苦しめたり、それがもとで人を傷つけたりすることもあります。欲望や感情などの執着心をとかして、心の針を絶対調和の原点(ゼロ)に戻すためには、大なり小なり苦を伴うものです。著者は自分の体験、暴走する酒への欲望と現実の一部始終を生々しく描き、著者のいのちの中で米のいのちが生きるまでの道のりを明るく語っています。

(随想 全237ページ)

所蔵歴がある図書館

北海道 北海道 旭川市立図書館
浦河町立図書館
帯広市図書館
栗山町図書館
札幌市立図書館
様似町立図書館
苫小牧市立中央図書館
函館市中央図書館
北海道立図書館
大空町図書館
余市町図書館
稚内市立図書館

東北

青森 青森県立図書館
岩手 奥州市立図書館
宮城 加美町図書館
亘理町立図書館
秋田 鹿角市立図書館
横手市立図書館
山形

上山市立図書館

川西町立図書館
寒河江市立図書館
酒田市立図書館
庄内町立図書館
新庄市立図書館
高畠町立図書館
鶴岡市立図書館
天童市立図書館
西川町図書館
村山市立図書館
山形県立図書館

山形市立図書館

福島

福島県立図書館

関東 茨城

牛久市立図書館

筑西市立図書館
常陸太田市立図書館
栃木 栃木県立図書館
埼玉 行田市立図書館
千葉 千葉市図書館
横芝光町立図書館
東京 板橋区立図書館
八王子市中央図書館
神奈川 大和市立図書館
甲信越 山梨 甲府市立図書館
長野 中野市立図書館
長野市立図書館
北陸 富山 富山市立図書館
石川 金沢市立図書館
福井 福井市立図書館
東海 岐阜 可児市立図書館
静岡 静岡市立図書館
沼津市立図書館
三島市立図書館
愛知 安城市中央図書館
名古屋市立図書館
名古屋市鶴舞中央図書館
三重 伊勢市立図書館
亀山市立図書館
近畿 京都 京都府立図書館
大阪 大阪市立図書館
堺市立図書館
奈良 奈良市立図書館
和歌山 和歌山県立図書館
中国 島根 島根県立図書館
広島 安芸高田市立図書館
はつかいち市民図書館
広島市立図書館
三次市立図書館
山口 岩国市図書館
四国 徳島 徳島県立図書館
香川 香川県立図書館
愛媛 松前町ふるさとライブラリー
九州 福岡 八女市立図書館
佐賀 唐津市近代図書館
長崎 佐世保市立図書館
長崎県立長崎図書館
熊本 熊本市立図書館
大分 中津市立図書館
宮崎 日向市立図書館
鹿児島 南九州市立図書館
沖縄 沖縄 嘉手納町立図書館
那覇市立図書館
宮古島市立図書館

全国横断検索(外部リンク)

このサイトを離れて図書館検索サイト「カーリル」でこの本を検索します

▲ リンク先で都道府県を選択


 

お問い合わせ

 

個人一般の方

 

『酒乱』の所蔵を確認できている公立図書館は上の一覧表のとおりです。最新の状況については、各図書館ホームページ等でご確認を。お住まいの地域の図書館に蔵書がない場合は、お手数ですが、ご希望の図書館へ要望をお出しください。

 

入手困難との回答があった場合は、下記フォームよりご連絡いただければ、居住地域の自治体(都道府県・市町村)に電子図書館がある場合にかぎり、ご希望の図書館へ電子版の取扱いを交渉します。個人の方に対し、本の代金、手数料や送料などを請求することはありません。

 

ただし、図書館側の都合などにより、ご希望の本をご希望の図書館で借りられる保証は致しかねます。あらかじめご了承ください。

 

図書館関係者の方は、BOOKSインフォよりお問い合わせ願います。

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

ブラウザの cookie が無効だと、メールを適正に送受信できない可能性があります。

著作集の総合情報を表示

このサイトで紹介している本の総合情報ページを表示します

 

 

 

それぞれの閲覧ページを表示


米(食物・自然界)の生命愛に身も心も重ねることで、波乱万丈な人生もどんなに苦しい思いも澄み切ったものへと昇華した著者夫妻。その二人が遭遇した共振共鳴共時の記録は、「こころとは」「いのちとは」という命題に対する答えの証しです。