ウェブサイト版

図・写真を除く文章のみの掲載。©︎文章全体または一部の転載・改変・改ざん・送信・配信禁止。

 

 

酒乱
米の生命いのちが生きるまで

 

 

目次

 

 序 心の目覚め

 ■地獄期■

酒乱の断末魔

自然界が諭す〝生命の声〟

母の生い立ちと因果の流れ

酒精に呑まれた父

墓の塔婆木に化けた魚代金

天に詫びる母

不思議な因縁の組み合わせ

頭上を飛ぶ御鉢

酒乱因子の吹きだまり

慈愛一路で生きた母の最期

母の心残り

目覚めなき、父の最期

酒飲みの血統に向けた神の矢

酒害因子の開花

酒乱人生の開幕

母子心中を超越した〝妻の一念〟

天の啓示に生きる妻

妻子を残して土方三昧

真っ赤に走る一台のトラック

お上り乞食の一夜の浅草

難行苦行の人あれど

久しく燃える酒乱の炎

守護の窓口となった妻と自然律(悪は、この世の仮りの姿)

息詰まる死の恐怖

泊められない宿

酒乱と嫉妬の協奏曲

神の絵図面を歩く夫

噴火口に真っ逆さまの霊夢

神のお膳立て、四十五歳計画

天馬のごとし女神の妻

神と魔の対決

澄みわたる妻と錯乱の夫

妻の〝心釈き〟(Tさんと日光のサル軍団)

酒乱の先祖おろし

一心同体、生命の運命

千日悲願(米の生命が生きるまで)

神技一瞬、〝刃に変わる水杓〟

神が手向けた女の魔神

 ■黎明期■

地獄に降ろされた御神火

酒乱童子の成仏

心霊への誘い(死後に残る津波の恐怖)

人間改造への突入

七羽のカラスに襲われたガタガタの体

酒乱の因縁と闘う自己解体

妻との葛藤

浄土へ向けての過渡期

酒乱成仏、息子に残してなるものか

米は、いのちの光

生命の樹

輝け、人生の扉開き

 むすび

 

 

 

息詰まる死の恐怖

 

 東京での寮生活が機縁となって、このことが、事業欲の起爆剤となった。 妻のもとに帰ってきた自分は、今度こそ、正念場だった。地元で、請負工事を始めるにも資本はなく、妻に金策させ、ゼロからのり直しだ。工事の要は、特許の薬剤であり、それを一升瓶に詰めて、片手にバケツを持ち、諸道具一式持参してのスタートであった。 それらを持って列車に乗って出かける姿は、どこから見ても仕事師には見えない。ところが、この頃の自分は、素太ずぶといほどの自信に溢れていた。この道のプロは、東北では仙台に一業者しかなかった。そろそろ、ビル・ラッシュの時代に入ろうとしていた。私は、これからの仕事だとばかり、意気込んでいた。

 その甲斐あって、業績は上がるし、従業員も次第に増えていく中、従業員ぐるみの酒の場も、当然に多くなりだした。それまでは、晩酌程度でおとなしくしていた日々だったが、ついに、妻たちの安心も、束の間のこととなってしまった。遠慮しておとなしい状態が、そう長く続くわけもなく、金回りも大きくなっていて、表向き、心回りもでっかくなっていたのだった。

 ここは、因習渦巻く村落でのこと。「あの酒乱も立ち直ったようだ……」と、陰評判もゆきわたらぬうちに、「なにーッ」と、躍り出た。

 やにわに摑んだ右手に、でっかいバリ一丁を抱えていきり立っていた。三尺もあるバリだから、振り回されて、当たりでもしたら、ひとたまりもない。そのバリを振り回し、並はずれた腕力で、手当たり次第に、ブチ破っていく。

 もう、こうなったら、制止できる者は、いない。だから、こんな馬鹿に逆らう馬鹿もいない。ガラッと変わってしまう人格は、まさに、この世の生き物ではなくなってしまう。

 妻の期待は白紙になってしまった。そして、またまた受身の日々で生きなければならなかった。

 人間は、苦境のドン底にある時は、狂気になるか、あるいは、澄みわたった心境になるか、二つに一つ。

 だから、妻はこのたびの乱行には、むしろ、腹を据えていた。その後の、度重なる行動に、妻たちは、内々の手段を考えたであろう。警察、医者と相談したものとも思う。

 その年の秋のこと。天高く晴れわたり、仕事を早目に切り上げて、小川に出かけての魚取り、となった。ナマズ、ハヤ、フナの大物を獲って鍋物で「一丁やろうかッ」と、飲み出すアル中音頭となった。

「おいッ、今日はよかったなー。仕事も一段落だし、当てもしねェー雑魚もあるし、一ペいやるにゃーもってこいだッ」

「んだッ、んだッ」
と、相槌あいづちする。

「おーいッ、酒ー、酒まだかーッ」

と、上機嫌の私だった。そして、初めの一杯を口に注ぐ時のあの甘さは、この世の天国だった。家族は、私に一杯入ったらこの世の地獄だッと、生きた心地がなかったろう。

 その時だった。「ウッ、ウッ……なんだッー、ウッ……」と、苦しみ出した。呼吸が詰まり、胸が苦しく、心臓は早鐘で、飛び出してしまいそうな苦しみとなった。「ウッ、なんだッ、これはなんだッ」。会話にならない。急に七転八倒、もんどり返る苦痛は、酒豪で通してきた今日まで、なかったことだ。

 だが、酒飲みの直観はある霊的感知力にも似ていて、「あッ、やられたーッ、薬だッ」と、口走る。「盛ったなーッ」。キリッと睨みつけた形相は、悪魔のあがきであったろう。その後、酒を手にしても、心には、毒殺される者の心理が横切る。妻は、「なにも知らない、体の具合でも悪かったのと違うか」と、無表情の素振りで、話は平行線で逃げていく。

 だが、仕事が、次々ときて、多忙となってゆく中で、酒を飲むことが、ある種の恐怖へと変わっていった。

 チビリ、また、チビリと、初めて川泳ぎする時の、足探りの心境になる。深みを調べる時の足探りで、チビリと一滴だけ流し込む。「ウッ……大丈夫かッ」。また、チビリ一滴、「ウン大丈夫みていだッ……」。そのうち、必ず呼吸が詰まってくる。「やられたッ」という思いはあっても、

 

やられて当然
身の上なれば
しつこく詰め寄る
わけもなく
その日その日が過ぎてゆく

 

 その頃から、「俺も、もうこれで終りか。酒の人生も限界かッ」と、呟きながら、次第にうらめしく、一升瓶を見るのだった。

 妻は、夫の健康は気になるものの、酒乱が消える安堵の中で、複雑な心情であったことは事実だったろう。薬のことで、必要以上に喰い下がることはしなかった。

 そんな中で、請負工事の仕事は本拠地を町へ移す決心をした。「オレのことを聞いてくれ。オレの好きなようにやれるなら、一生面倒みるから、町に移ってくれ」と、養父母に詰め寄る。なにはともあれ、何代も続いた村のことである。「死んでも言うことなど聞かれるかいッ、好き勝手に暴れ回った後で、話でもねい、こんなことッ」と、思っただろう。もし、駄目なら、妻子を連れて出ていく気構えだったので、妻が両親の説得に回った。

 両親は、年齢的には、五十代であったから、早くも遅くもない、チャンスであった。そうと決まれば、早急に移転開始となる。それは年の暮れの小雪散らつく冬の日であった。

 

 

 

 

泊められない宿

 

 仕事が、ますます繁昌していく中で、酒を飲めばひっくり返っての、苦悶が続き、ついに、酒を慎むようになった。

 今度は、宿屋と請負業の二本立ての仕事である。燃えて、燃えて、燃え上がって頑張るよりない。酒を飲むと、死ぬような痛みがやってくるから、にわかに、静かに酒も飲まぬ日々となり、家族の安心度も、かなり高くなってきた。そして、エネルギーを事業熱へと転化したかのようだったが、しかし、依然、妖しく燃ゆる悪魔の炎がくすぶっていて、過渡期を通過中であった。台風のように、吹き返しがやってくるとは露知らず。

「おおーッ、酒飲んでも大丈夫のようだッ。よかったッ、よかったッ」

と、自己満足の夫を、チラリッと見ていた妻の心はどうだったろうか。

 

大丈夫なのは 体の調子
飲めば呑まれる 酒の罠
飲んでくれるな 夫のすけ
飲めば始まる 酒乱劇

 

 妻は、少々生命のさやを縮めても、酒を飲まない夫であってほしい、と祈ったことであろう。宿屋は、前の人からの引継ぎだったから、特に、なにもしなくても、客人様がやってくる。

「今晩はーッ」ブザーが鳴る。初めての商売は、素性不明の泊り客だった。「怖いーッ」と、妻は、お客様の来ることが一番嫌いだった。夫だけで精一杯であるのに、酔払って、そばによくわからない女もいっしょだ。酒と女については、身の縮む思いで生きてきた妻だ。出るのは億劫だが、看板を出していて、「うちは、泊められません」とは言えない。だが、ずいぶんと、玄関に錠をかけてしまった日もあった。部屋に通すのが怖いのだ。酔払いもいやだし、アベックもえげつない。どう転んでも、閉店したほうが無難ということである。 この頃、心臓破りをする酒薬のほうも切れ、調子挽回の時期だったが、とうとう、時限爆弾の時間切れとなってしまった。

「客をとらねば宿屋にあらず」と、やむなく勇気をふるって、客通しを始めた。「なんでもない、大丈夫だァ」……。次々と客を扱ううちに、それなりの度胸も身についてくるというもの。しばらく、部屋で長話をするまでになってくる。女ならまだしも、男の客人であれば、階下で気を揉む自分の姿に初めて気がつくことになった。

 人を嫉妬させたことはあるが、受身の体験のない自分だった。半ば、アル中のために、頭までおかしくなっていたのか、気が立って気が立って、やり切れない。妻が戻ると、「なんだいッ、いつまでペチャ、ペチャやってるんだッ」と、妬いている自分。我が身をもてあまして、怒りをぶっつけている。そこに、よみがえった魔性の酒だった。唄の文句じゃないけれど、「わかっちゃいるけどやめられない……」となって、大酒車がブレーキなしで下り坂を走り出していた。

 今思えば、泣きたくなるほどみすぼらしい根性だった。「もうー、死んじまえーッ」と野次りたいくらいだ。

 爆薬は、導火線を触れ、本番へと移ってゆく。養母を、天井高く押し上げて、あわやッ、下へ向かって突き放す状況。「もう誰でもよい」のだと、シッチャカ、メッチャカの狂気の修羅場と化していった。

 これほど、やらかす中で、金銭はどんどん増え続け、相当に余裕も出てきた。そのプラスとマイナスのバランスをとるかのように、またまた〝世紀の暴走〟が始まった。絶頂感を味わわせて落とすのも、神のわざとも、露知らずに、暴走していくのである。

(このあたりで、みなさんも、いい加減、疲れてきませんか。魂を傷つけるこの酒乱の旅。書いてる本人でも、自分のこととは、とても思えないのだ。目覚めるということが、いかに素晴らしいことか、迷いのない心を持つことが、こんなに嬉しいことかッ……今、生きる喜びを嚙みしめているところである。どうか、みなさんは暗い深刻な気持にならずに、読み進めてもらいたい。いかなる原因の悩みであっても、生命いのちに目覚めてみれば、すべてに喜びを感じて生きられる。心の迷いの、なんたるかを知るならば、この世は天国である。どうか、明かるい気持で読んでもらいたい。)

 自分の心と行ないが、善いのか悪いのか。人間として、また、この世で最も恵まれ、生かされている人間として、ごく当たり前のことが、麻痺してしまって、わからなくなってくる。これが迷いであって、歪んでしまった魂の傷といえる。

 悪い習慣に気づかぬほど、恐ろしいものはない。現代の自由思想は、どこかが狂っているように思われる。なかんずく、人の心の狂いである。良心が不在の、悪い習慣を、目覚めて正す時、その当たり前の、人の道に目覚める時、子孫はどんなにか幸せになることだろう。

 そうこうしているところで、請負業は、特許を持つ、元会社の倒産によって廃業となり、順調の中で、十年の種火は、消え失せることになった。

 その後、間もなく始めた不動産取引業も、十六年後に、やはり酒乱の断末魔と共に、地の果てへと消えてゆく。 その頃から、かすかに神経症の兆候が出てきた。酒の量がそれほどでもないのに、感情に異変が起きてくる。そして、妻も、宿屋の仕事と、夫の酒のせいで、ダウン寸前だった。階段を、這いながら上下しているところを、何回も目撃した。それなのに、私は、むしろ、甘えと依存心で、慰めるでもなく、手を貸すでもなかった。なぜ、私はこんなに臆病で冷淡だったのだろうか。「どうしたッ、大丈夫かッ」と、手を貸し、勇気づけるのが、当たり前なのに、どうしてそれができないのか。末子の甘え欲求型で育った私は、他に求めることしか知らない人間となっていたようだ。

 このことは、冷淡な自己中心となり、形式的他愛心で、自己を守ろうとする性格に育ったといえる。

 

 

 

 

酒乱と嫉妬の協奏曲

 

ルリ荘さんよ 奥さんよ
大変なのよ 大変だー
お宅のオヤジが 暴れてる
うちの女に 嫉妬を燃やし
客商売の やるせなさ
あっちの男 こっちの男
客にみるは さだめなの
オレをはなれて あっちの客に
手をにぎられて 媚び入る女
だまれーッ女と 暴れ出す
店は地獄と 早変わり
早く来てくれ 止めてくれ
ルリ荘さんよ 奥さんよ

 

 ある夜のこと、電話のベルが烈しく鳴った。「まさかッ、お父さんが……やったのではッ……」と、妻の予感と胸騒ぎが、電光石火、天井から足の裏をぶち抜く。恐る恐る、受話器を手に取ると、女の悲鳴とママの声が、

「ルリ荘さーん、奥さーん、早く来てーッ、お宅のオヤジが暴れてる。早く止めてくれーッ」

と。こういうことは、本人が家にいなければ、油断も隙もない。

 そして、小刻みの乱行があって、大波小波のように波が寄せてきて、病気は重症へと、向かう。

 どういうものか、息子は、ただの一度も、私の酒乱を知らずに成人した。奇蹟中の奇蹟。私は生まれて以来、父の酒乱を子守唄のようにして大きくなった。そのため、免疫ができて不感症になったのではなかろうか。

 他家では、こうした波乱もなく、平和な家庭が多いと思う。それとは対照的に、私の家は烈しく揺れる動乱の中で、いつしか情緒が曲折してしまっていたのかもしれない。 そんな有り様なので、他家が、とてもうらやましいと思った時期もあったが、その反面、反抗心が潜在心をあおり立てた。

 一連の乱行振りと平行して、警察を呼ぶ回数も多くなっていった。妻は、私が、とうに限界を超していたから、後は、いかに夫であっても、警察の手を借りねば、打つ手がなくなっていた。 それにもかかわらず、不死鳥のごとくおどり出た私は、なにかを予見するかのように、酩酊のままで、車を乗り回し、そして、今で言う暴走族に早変わり。

「警察さーん、早く来てください。お父さんが、酔払って、自動車を乗り出したーッ。人でも轢いたら大変だあーッ」

と、絶叫して頼み込む妻。ウオーン、ウオーンと、家の前にパトカーが到着する。

「旦那の車は、ちゃんと車庫にあるではないか、おかしい……」と、入ってくる。その時には、すでに数秒違いで戻ってきていた。警官は、虚を突かれたように、「本当かいなッ」と、疑いたくもなるほどに精妙で、タッチの差の出来事もあった。

 こんなことは、一度や二度ではないし、そのたびごとにそうなのであるから、まさしく神技の演技だ。これは、現行犯でないことには、法の外側である。私の兄も、二度ほど呼ばれてきたことはあるが、もう絶交の態度を示した。

 妻は、あの手、この手と、翌日になると詰め寄ってくるが、「えいー、そんなにひどかったのかッ。悪い、悪い……」を連発するものだから、上げた心のこぶしも遣り場がなくなってしまう。 ただ、こんなていたらくではあったが、その日その日の仕事だけは、一丁前にりこなしてはいたのだった。

 

 

 

 

神の絵図面を歩く夫

 

 妻は、「これは、おかしい……」と、思い始めていた。なにかがあるのではないか、だがわからない。

 私が、最後の力を振り絞って、悪魔のあがきをする七年ほど前のこと、

「お父さんは、米の生命いのちがわかるまで、飲ませ続けられたのです。一点の汚れもない米の生命、人の生命を守る米の生命、さらに、透明な酒の生命になっていく。その米の生命のような汚れのない生命になるまで、飲ませ続けられたのです。お父さんは、酒を好きで飲んでいたのではなかったのです。長い間、本当にご苦労様でした。感謝いたします」

と、手を突き、鼻と涙をゴチャゴチャと流しながら、真の感謝の心で頭を下げる妻。

「これはおかしい……お父さんは他の人とは違うのだッ。なにかが違うのだッ」と、思っていたことは、「米の生命がわかるまで、米の生命が生きるまで」の酒人生だったと言うのであった。酒の生命のような、汚れ一点なき心になるまで、米の生命のように、澄み切った心になるまでの、酒人生であったのだと、妻は言う。

 妻の、生命の光に通じた米の生命たち、その、言葉のない守りが、私の生命の中では、始まっていた。

 さて、そんなことともわからずに、昼の私は、ホテルを建築するため、その計画を進めていた。一億円くらいの工事で、なんとか着工段階まできていた。四十歳を上回っていたその頃、なぜか、運気にかげりを見せていたようであった。妻は、それより数年後になって、こんなことを言いだした。

「この世は、神の絵図面を歩いておるのです」

と。そのことが、顕著に感じられるようになったのは、このホテル建設計画の頃からであり、因果のめぐりが、徐々に近づいていたのだった。 みなさんは、神の絵図面ということを、理解できるだろうか。神と言う時、私は、生命という文字に置き換えて、聞くようになったのだが、いわゆる、この世の必然性の実相ということなのである。

 この世が、偶然だけで、天地、大自然が回っているならば、恐ろしくて、夜もオチオチ眠れないだろう。霊妙な宇宙生命のリズムにも、意志の存在(意識する存在)が感じられてならない。そして、相対的に、自動的に働く安定調和エネルギーが作動しているのではなかろうか。

 この、必然性の、調和力とも言える中で、どうして、偶然性を持ち出すことができるのかと、つい真剣に考えてしまうところなのである。

 この、天の摂理の下でしか生きられない万物の中で、どうして、人間だけが、偶然の人智を頼りに生きねばならぬのか、むしろ、不思議でならない。

 「この世は、神の絵図面を歩かされている」という妻の言葉の意味について、ずっと理解に苦しんできたが、最近、ようやく理解できるようになった。

 その後、ホテル建設を進めてゆく中、急に、妻たちは猛反対を打ちつけてきた。これまでは、なにひとつ反対しなかった彼女なのに、「家を建てるのであればよいが、ホテルはいやです」と言い出してきた。

 だがここで、不思議なことに、これまでは、何事もブルドーザーのように押し切ってきた私なのに、腰折れのごとく、工事をあっさりと中止してしまった。 なにが、どう作用したのかは知らないが、そこに見えざる力が働いていたのは事実のようだ。ふつうでは考えられない出来事となり、急遽きゅうきょ、ホテルを自宅建築に切り換えたのであった。

 

 

          10 11 12 13