神秘の大樹だいじゅ Ⅰ 
 偶然が消える時



要点・概要

共時性現象(シンクロニシティー=偶然の一致)は、生死や種の区別を超えて、生命の本質が通じ合う次元が心の中にあることを証しています。じつは身近なところで起きている現象であることを、みずからの体験記録をもとに伝えています。 

 

「霊魂」というと死者のイメージが強く、ネガティブで暗い印象に結びつきやすいかと思います。「死」は、多くの人にとって遠ざけたいことです。しかし、「霊」や「死」に対して、いたずらに恐怖心や不安をいだくだけでは、生命の本質を見逃してしまうことを、この本は教えてくれます。

 

いまを生きている自分(あなた)自身の存在こそ、肉体をまとい、服を身につけている霊魂そのものだといいます。霊魂というと、わが身の外に存在し、わが身の外で起きる「現象」と考えがちですが、そもそもそれは、私たちのからだやこころに内在し、わが身の中で起きていることがらなのです。

 

随想(印刷版:全244ページ)

著者略歴:閲覧コンテンツ内

 

本文からの抜粋

この世は亡き霊魂の
るつぼともいえるのだ。

本書「タイガー計算機に秘めた魂」の一節

  

まえがき

 世に言う「たまたま」という言葉、「偶然」という言葉、また、「偶然の一致」という現象は、はたして本当に偶然なのでしょうか。

 思い起こせば、あれは昭和61年(1986年)当初のことでした。自分の意識改革に踏み切った私は、妻と一緒に日々苦行の連続でした。あれからすでに25年の月日が過ぎようとしていますが、当初の2,3年ころから気づき始めていた、俗に言う、偶然の一致といわれる現象がしきりに身のまわりに発現し始めたのです。そして、記録し続けた体験記録は、今はゆうに3000例にも達しています。

 今回その中から選んだ例を25話にまとめ、神秘の大樹シリーズ第1巻として発行することになりました。以後、このシリーズを続けてまいります。

 妻と二人三脚で波乱万丈な世界を体験してきた私が得た結論は、この世には、「たまたま」とも「偶然」ともいう現象は、単に言葉上の話の便法として交わされる風通しの良い言葉の世界であって、少なくとも私達にとっては、「偶然」の二文字はない、というものでした。

 偶然の二文字が消えたその後に何が残ったかといえば、それは「共振・共鳴・共時の世界」でありました。共に触れ合い、共にひびき合い、共に時を同じくする。という、共時性現象(シンクロニシティー)こそが、俗に言う偶然の一致の姿であったのです。

 この世を端的に表現するならば、それは“因果の世界”といえましょう。原因に添ったそれ相応の結果というものが、現代科学の基礎になっていると思うのです。しかし、それだけでは、共振・共鳴・共時の世界を説明することはできません。原因と結果を結ぶ因果の世界には必ずや、その中をとりもつ「縁結びの世界」が存在するからです。それは“縁エネルギー”の存在です。“縁エネルギー”とは、科学では証明しがたい物申す魂の世界なのです。

 今で言う情報化社会の中心ともいえるプロバイダーの持つ接続の働きとよく似た「縁結びの主役」を担っているのが、肉体は死んでも魂は生きているというような“魂の世界”といえましょう。

 原因が結果となるには必ず「縁結び」というプロバイダーが存在するはずです。縁の活躍があればこそ、原因 ― 縁結び ― 結果を呼ぶことになり、因・縁・果というすっきりとしたいのちの流れとなります。肉体が死んでも生き活きと活躍する魂こそ縁結びの神といえましょう。

 魂の世界は「霊界」、「無意識世界」「潜在意識」「深層意識」などなど表現はさまざまですが、私は一言で魂と呼んでいます。魂の世界は、人類発生から今日まで「今の心」をベースにして延々と形成されてきました。肉体を消した死の世界は、生きていた当時の心が積み重なってできたものであればこそ「今の心」の尊いことが分かってきます。心は縁の力を持っていて、運命を支配する力をも持っています。心は常にいのちの絶対調和力の統制下にあって統御されている立場にあります。だから、縁はいのちの調和として存在し、人は、縁によって様々な人生劇場を繰り広げることになります。

 神秘の大樹シリーズから、心と縁が運命転換の鍵を握っているということを少しでもご理解していただけるなら幸いです。

 

 

神秘の大樹Ⅰ目次

 

 

まえがき

呼び寄せた北前船

スズメの贈り物

数霊は心のシグナル

いざなうコスモスの花

三重にひびく文字・数・色

天神様と文字と色のエネルギー

天地普遍の縁エネルギー

数霊は霊魂のシグナル

鮭の尾っぽと小説の主人公

文字・数・色は魂の暗証番号

絵皿のサギが飛んで来た

ハッピーが仏の水を飲む時―数字は宇宙の共通語か?

海鳴りは天のひびき

光町の鳥と銚子の鳥

無名酔人の〝祝い酒〟

出会いに咲いた縁の花

丹頂鶴と高橋園長

キタキツネのポンタ君

魂の生きかえる道

タイガー計算機に秘めた魂

合川町に生まれた名湯

魂は死なず — 一三名児童のいのち

いのちは磁気・磁波・磁性体

千里ヶ浜で誕生祝い

待っていた兎太郎と松ノ木峠

あとがき

著者略歴

 

 


 

タイガー計算機に秘めた魂

どうか安らかに永眠して下さいと、追悼の意を申し述べるが、それで亡き本人が本当に永眠することができるのか。死んだらどうなるのか、本当に何もかもゼロになるのか、消えて無くなるというのか。

 ましてや疲れ果てた人生なら、誰しも永眠させてやりたいのが人情というものであろうが、どうもそうはいかないのが現実というものである。

 死んでも生きている心であり、魂であり、そして肉体は確かに煙となる。残るはわずかの白骨それだけだ。ところが、亡き人の心はれっきとしてこの世に残る。どこにどうして残るかといえば、この世のわれわれのいのちの中で立派に生きている現実がある。

 それまでの、物質性の生体機能(肉体)は煙となって消えこそするが、それはたんに目に見えない生命元素(原子)となって天地に還元した結果であり、それまでの人生で蓄積された心と、引き継いできた遺伝子性の霊魂(心)は、この世に厳然として残る。

 それは、いのちのネットワークに乗って、すなわち人々の共振共鳴の霊脈の世界で、その居心地に合わせて寄り添いつつ、自らの魂を再生エネルギーに姿を変えるのである。

 いわば、死んだらその心は、類似波動の心の磁場に再生エネルギー化するといってもいいかもしれない。

 生命本体の生命エネルギーは死とともに天地に還元するが、いのちとともに育った心の磁場(魂)は、この世に心の生命体となって、心の再生化を果たすものと考えてもいいのだ。それは遺伝子性の霊脈を通じて、また共振共鳴の縁者に結ぶ霊脈の復活再生によって、亡き魂は再生エネルギー化を果たすものと考えている。

 ここで少々自分のことを開陳して、この話の参考にしていただければと思う。昭和六一(一九八六)年から、私の人生はガラリと一転した。これまでの人生から意識改革をするため、それなりに独自の修行体験をしたのであるが、その発端は酒乱人生からの脱出であり、祖霊からの魂の浄化修行であった。その内容たるや、まさしく狂乱状態になっての、自己の魂との格闘といってもいい。

 心の中というのは、古い古い歴代の、それはそれは霊光霊脈のすさまじい絡み合いの世界でもあった。自分の中の霊体をつぎつぎ浮き上がらせての格闘である。激しい呼吸法もあって、時には血管怒張によって血管が破れて出血するというほど、これまでの自分の不幸性霊魂との決別のためであった。それでも中に居座った心というものは消えようとはしないのであった。神社の前で「すまない、汚れた心を許して下さい」と念ずれば、「バカナコトイウナ」と、いのちの底から叫び出すという体験は、数年にわたって起きている。生命体の中には善悪二相の魂がたむろしていることを知ったのである。

 歳月を重ねるごとに、そんな悪性には負けじと、善性の心を積むしかないと自覚して、心の輝きを積む日々が続いてきた。あれから二三年が過ぎた。七四歳となり、平常心にかえってみれば、このいのちというものは、生きている今ここしかなく、中は全て自分の過去と、死者たちの魂の再生の世界であり、死者は、死んでも永眠などするわけもなく、この今の私の心に生きようとして、働きかけていることがわかった。

 死者からの、善性の働きかけならこれほどいいことはないのであって、その逆の悪性の働きかけこそいい災難というものである。この身の中は、まるまる死者の魂以外の何者でもない。

 歴代累々からみれば、この世に生きた自分の人生でつくりあげた心なんて知れたものである。いいにつけ悪いにつけ、自分が思い続ける心にふさわしいあの世の魂がダイレクトで再生するということは嘘ではない。いうなれば、この世は亡き霊魂のるつぼともいえるのだ。今のこの心に何もかも付いて回る仕組みになっているのだ。今の自分の心に共振共鳴して、亡き霊魂は生きようとしているのである。

 この亡き魂の再生のメカニズムは、今の自分の心の中で再生するほかはない。また、その共振共鳴の魂のチャンネルさえ合えば、出会いの縁一切においても、次々かけよってくる霊魂の世界であることは知っておいたほうがよい。だからこの自分というのは、万霊万魂にアクセスできる媒体の役目も果たすのである。

 〝縁は異なもの味なもの〟

 〝袖振り合うも多生の縁〟

などという諺は言い得て妙ではないか。

 

 

 

あとがき

 出会いのご縁の中には、運命をかえるほどの強烈なエネルギーを秘めているものも少なくない。

 私たちは生まれ故郷から七六年目にして、それも突然の話から一〇〇〇キロメートルも離れた広島に移って来た。平成二二(二〇一〇)年三月二五日のことだ。それから二一日目の四月一五日の夜八時過ぎのこと、そろそろ落ち着いてテレビでも見てみようか、とスイッチを入れてみたら、画面一杯に懐かしいお方がインタビューを受けていた。

 そのお方は、元・総理大臣の中曽根康弘先生であった。齢九十二才といわれるが、ピンと背筋を張って、かくしゃくとして、一言一句かみしめるように明快にお話をなされていた。見入っていた終盤のころだったか、「今、大事になさっておられることはどんなことでしょうか」と尋ねられた時のことだ。中曽根先生は、即座に内ポケットから一冊の手帳を取り出した。ぱっと開いて見せた文言を目にした私は、これはうれしいことだと胸一杯になった。その文言は、中曽根先生が大切になさっている人生哲学であり、そこには、「結縁・尊縁・随縁」という六文字が書かれていた。そのことを先生は「三縁」と呼んでいた。「縁を生かし、縁を大切にし、人間関係を大切にするということ。そして、縁を結び、縁を尊び、縁に従う。それは、温かい人間関係を大事にすることが大切なのだ」と結んでおられた。さらにその手帳は肌身離さず毎日一、二度はご覧になるという。私は意を強くして感謝した。

 とかく敬遠されがちな神秘世界のことを求め続けている私は、はたと消極的な心がちらつくものだが、ふとスイッチを入れたテレビのご縁で一国の元・総理大臣の座右の銘の人生哲学が「縁の世界」であったことを知り、自分の求め続ける世界を強く誇りに思ったのだ。ここに紙上を借りて、出会いのご縁に感謝する。

 今後、神秘の大樹シリーズは、第二巻、三巻、四巻へと続く。すべてが実体験からの話である。できる限りに写真を添えてその証明としていく。いのちの中では何が起きているのか、また、いのちとはどういうものなのか、と果てしなくつきつめてゆく。

 「心と縁と運命」について、いのちの監視下にある霊魂の世界を体験に基づいて開いていきたいと思う。

平成23年1月

著者 菅原 茂

本の閲覧

図書館で

図書館情報ページを表示

リンク先のページに図書館情報をまとめています

 


『神秘の大樹』は図書館で借りられます。お住まいの地域の図書館に蔵書がない場合でも、ご用命があればご希望の図書館へ印刷版または電子版の取扱いを交渉および納品します。 個人の方に対し本の代金、送料や手数料などを請求することはありません。なお、電子版については、居住地域(都道府県・市町村)に電子図書館がある場合にかぎります。詳しくは 「全国図書館」 ページにて。図書館関係者の方は、「BOOKSインフォ」 よりお問い合わせ願います

 

電子版で

 

Books App ( iOS / Mac ) で表示

このサイトを離れて、Apple Booksプレビューページに移動します。iPhoneやMacではブックスアプリが開き、この本のページが表示されます。

iPhone/iPad/iPod/Mac で
Apple Booksを利用できます。


著作集の総合情報を表示

このサイトで紹介している本の総合情報ページを表示します

 

 

 

それぞれの閲覧ページを表示


米(食物・自然界)の生命愛に身も心も重ねることで、波乱万丈な人生もどんなに苦しい思いも澄み切ったものへと昇華した著者夫妻。その二人が遭遇した共振共鳴共時の記録は、「こころとは」「いのちとは」という命題に対する答えの証しです。