「生命」の真実

共時性の真価

⑵岡本天明氏の意志
平和への祈り

⑴から⑹全文表示

 

岡本天明氏(天明は雅号、本名・信之)は、昭和19年、47歳から自動書記現象がはじまり、のちに周囲のひとびとが作った宗教法人の会長にかつぎ出されました。岡本氏は昭和38年に亡くなり、夫人が継承しましたが、「一羽の折鶴」の真意と普遍性を理解した山形の夫婦の働きかけによって、岡本夫人は、平成19年にこの宗教法人を解散しています。夫人は、法人の会長を継承したまちがいを、あらためて認識したのだそうです。

 

宗教的な集団は、霊・魂という人間の本質がおのずとかかわるので、たとえ小規模でも、団体や組織化には、問題があるとおもいます。ひとたび「じぶんたちは特別」という集団心理が生じると、不調和の原因になりかねません。

 

いわゆる霊感の強い人がいるのもたしかな事実のようで、なかでも「特別な人」にしか感じられない霊感による示唆を中心にして、人があつまる傾向はむかしもいまも変わらないようです。注意する必要があるのは信仰心です。信じる心は、ときどき、じぶんや他人に対して強迫的でもあります。ですから、信じられるかどうかを自他にせまる信仰心が社会全体を平和的に変える力は、もち得ないとおもいます。 

 

 

天明絵画展会場を出た山形の夫妻は、平和の子の像から最も近い元安橋上で一羽の折鶴を見つけ、拾い上げる。昼食時、不意にそれを開くと、現れたのは天明氏の出生地「倉敷市玉島」の文字だった。時刻は12時13分。太陽暦と太陰暦を象徴する12と13。しかも 8月6日。衝撃は尋常ではなかったろう。天明氏の体を借りた自動書記による「日月」神示は、人間に自己調和を促す書と言っていい。この日、平和公園は、早朝から鎮魂と平和への祈りに包まれている。

 

 

先ほどの山形の夫婦[昭和9年 (1934) 生まれ]は、苦渋の半生を、まこと一筋で、のり越えてきた御二人です。「食物のいのちは、人間のように傷つけあうようなことは絶対にありません。」(書籍『酒乱 米の生命が生きるまで』)夫人は、いつしか食物のいのちこそ、にごりなき澄んだいのちだと気づいたといいます。

 

折鶴を発見してから 19 年後、ひらいた広告紙の断片に、同夫妻がはじめて定規を当ててみたところ、「7.4」センチ四方だとわかりました。岡本天明氏の命日「4月7日」に、数がぴったり重なることも、単なる偶然の一致ではないとおもいます。この折鶴は、発見後すぐに岡本夫人に届けられ、その後 16 年間、いつも岡本夫人の傍らにあったそうですが、岡本夫人が亡くなる半年前に、上記山形の夫人のもとへ送り届けられました。

 

次の資料は読み取れませんが、同じ内容の代替資料があります。リンクボタンは資料の下にあります。
『神秘の大樹Ⅱヒロシマとつる姫』(8頁)

次の資料も読み取れませんが、同じ内容の代替資料があります。リンクボタンは資料の下にあります。
『酒乱 米の生命が生きるまで』(7頁)

 

⑴から⑹全文表示

 

1ページ目  現在のページ、2ページ目  3ページ目  4ページ目  5ページ目  6ページ目、最後のページ

共時性の真価⑶
「共時性現象の特徴」

 

 

出典・参考図書

▼閲覧と図書館検索

書籍『死んでも生きているいのちのあかし』の詳細・閲覧ページにリンクしています

死んでも生きている
いのちの証し

菅原茂/たま出版/1997年

本の総合情報

 

共時性現象の体験記録をもとに、生命の本質は不滅だと伝えている。 酒乱人生から夫婦二人三脚で新たな人生を再出発させた著者。自らの足元を照らすかのような共時性現象の記録を随想としてまとめている。また、本の表紙を飾る稲穂はこの著書の本質を象徴している。

 

 

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第二巻 ヒロシマとつる姫』の詳細・閲覧ページにリンクしています

神秘の大樹 Ⅱ
ヒロシマとつる姫

菅原茂/おりづる書房/2011年

本の総合情報

 

平成5年8月6日の広島平和公園で出合った一羽の折鶴は、「倉敷市玉島」と印刷された広告で折られていた。その地名は「日月神示」で知られる岡本天明氏の出生地。縁結びのしくみを、「心のつる草」など比喩を用いた物語を織り交ぜて表現している。

 


▼閲覧と図書館検索

書籍『酒乱こめのいのちが生きるまで』の詳細・閲覧ページにリンクしています

酒乱
米の生命が生きるまで

菅原茂/MBC21/1993年

本の総合情報

 

「いのちとは」「心とは」という文字通りの “命題” について、 体験を通じた非常に強いメッセージを発している。 後年、この著者は『死んでも生きている いのちの証し』『神秘の大樹』を出版しているが、第一作である本書を読むと、 なぜこの著者が、共時性を切り口にして「いのち」を語るのか、 腑に落ちる。 

 

 


その他のページ

共時性とは何か

この画像は上の見出しのページにリンクしています

時空や生死を超え、人種や生物種も超えて、いのちには境界がない証し

 

因果性とは何か

この画像は上の見出しのページにリンクしています

「因果性」の実際は、それほど単純ではなく、もっと複雑。科学的な「法則」は、限定的な条件のもとでのみ有効だ。

 

偶然にひそむ因果

この画像は上の見出しのページにリンクしています

因果性がないというより、今の科学の尺度では説明できない、と言うべきではないのか。

 


体と心の相関性

この画像は上記見出しのページにリンクしています。

私たち現代人が見失っている食の本質。生命と生命現象の根源は食にある。自分のいのち食のいのちに対する考え方が問われている。

 

サイトの概要

この画像は上の見出しのページにリンクしています

サイトの趣旨、本の紹介・説明、これらの本を推す理由、サイトマップほか