客観と主観

削除しました

共時性現象は、魂という意味での「心」が、肉体的な生死を超越していることを暗示しています。であれば、客観と主観、客観的・主観的という概念は、心の霊的性質を踏まえた上で、欲求、意志、感情、想像、思考、記憶、直感などの定義をあらためて考察すべき課題であるはずです。

 

いっぽう、これまで掲載してきた文章では、「論理的思考や科学的知識(断片)」か、「個人的信条や宗教的知識(固定観念)」か、そのいずれかに偏りがちな現代人の思考傾向を批判的に考察しており、心とはどういう世界かをより一層理解するための考察という点で不十分でした。ただ、現状では力不足のため、改訂をあきらめ掲載内容のほとんどを削除しました。客観と主観については触れていませんが、よろしければ、心の性質について触れた「体と心の相関性」をご参照ください。

 

 

共時性とは何か

cloud like the dog

時空や生死を超え、人種や生物種も超えて、いのちには境界がない証し

 

因果性とは何か

広義の因果性(想像図)

「因果性」の実際は、それほど単純ではなく、もっと複雑。科学的な「法則」は、限定的な条件のもとでのみ有効だ。

 

偶然にひそむ因果

cloud like the dog

因果性がないというより、今の科学の尺度では説明できない、と言うべきではないのか。

 


共時性の真価

一羽の折鶴

平成5年8月6日、広島平和公園で偶然発見された一羽の折鶴。共時性現象の真の価値は、生命現象そのものではなく、それが生命の真実を示していることだ。

 

体と心の相関性

在来原種の亀ノ尾と女鶴

私たち現代人が見失っている食の本質。生命と生命現象の根源は食にある。自分のいのち食のいのちに対する考え方が問われている。

 

サイトの概要

『神秘の大樹』シリーズ

サイトの趣旨、本の紹介・説明、なぜ今これらの本を推すのか。サイトマップ他