共時性と因果性

偶然にひそむ因果

「非因果的」という
専門用語には要注意

§ 時間と空間が支配的な物質世界

 

C.G.ユング氏は、著書『自然現象と心の構造』のなかで、共時性について次のように述べています。

 

  • 共時的要因は、空間時間因果性という承認されている三組の上に第四番目としてつけ加えられるべき知的に必要な原理の存在を主張しているだけである。(p.132)    
  • (物理学者であるW.パウリ氏の提案のおかげで、)「私は一組の対立関係  ―共時性と因果性―  を、これら異質な概念同士にある種の関連を築くという考えでもって、より緊密に定義づけるようになった。」(p.136)

 

一般的には、因果性と共時性を別の原理として考えるようですが、それは、物理学における因果性の解釈を考慮しているからです。くわしくは、別のページで述べる[※]ことにして、ここでは『自然現象と心の構造』からの抜粋のみとします。[※「因果性とは何か」]

 

  • 自然法則は統計学上のは真理である。それはわれわれが巨視物理学的量を扱っているときにのみ完全に妥当なことを意味している。(中略)原因と結果の間のつながりがただの統計学的にのみ妥当であり相対的にしか真理でないことが明らかになるなら、因果性の原理は、自然の諸過程を説明するのにただの相対的にしか役立たず、(後略)(p.5)
  • 「因果性は空間と時間の存在と物理的変化に拘束されて」いるため、「意味深く偶然に一致する諸因子間の相互連関は、どうしても非因果的なものと考えられねばならない」(ともにp.39)

 

たしかに、生きている私たちの体が存在している物質の世界は、時間や空間が支配的で、私たちの体はそれらに逆らうことができません。そういう限定された条件のもとでは、相応の時間と労力をかけて丹念に研究すれば、ついには原因と結果の関係がつきとめられる場合もあるので、その性質を利用して高度なものづくりや医療を進歩させることができたのだと考えられます。いっぽう、心の世界は、時間や空間によって位置を定めることは、ほぼ不可能です。つかみどころがないので、原因と結果の関係も一層つかみにくいと言えます。

 

 

§ 心と物質世界との関係

 

ところで、相関関係ということばがあります。心と体の相関関係[※]が、西洋医学でも広く認識されるようになったと聞きますが、くわしい因果関係が必ずしも科学的に証明されているわけではないようです。[※「体と心の相関性」に詳述]

 

では心と物事の関係はどうかというと、共時性現象の定義にみられるように、心的要因が物的・外的事象の自然発生を招くという科学的な証拠がないので、因果関係がない、または「非因果的」および因果関係があるかどうかは不明だとされているようです。因果性と共時性が別の原理であるという考えには、こうした背景もあると考えられます。

 

ちなみに、因果関係と相関関係は意味がちがいますが、理論物理学者のデイヴィッド・ボーム氏が、自身の論文のなかで、心身相関から心と物質の関係まで述べているので、そのほんの一部を抜粋します。また、心理学者の河合隼雄氏が、著書のなかで、デイヴィッド・ボーム氏の見解を紹介しています。

 

  • 記録された記憶のすべては脳細胞に巻きこまれた状態で保持されているからであり、脳細胞そのものは物質の一部にほかならないからである。(『量子力学と意識の役割』のなかに掲載されている「宇宙の明在系‐暗在系と意識」P.270)
  • 理論物理学者のデイヴィッド・ボームは、われわれが知覚している世界は、一種の顕現の世界であり、その背後に時空を超えた全一的な、彼の言う暗在系(implicate order)を有しているとの画期的な考えをもつようになった。(『宗教と科学の接点』河合隼雄著p.57~58) 
  • 「暗在系[※]にあっては、心は物質一般を巻き込んでいる、なによりも身体を巻き込んでいると言わねばならない。同様に、身体は心だけではなく、ある意味において、物質的宇宙のことごとくを巻き込んでもいるのである。身体と心とは、したがって、より広大なる一個の亜総体のファクター(因子)と呼ばれてしかるべきであり、この亜総体が心身双方の基盤をなしていると言いうるのである」とボームは述べている。(『宗教と科学の接点』p.63~64)

[※]理論物理学者のデイヴィッド・ボーム氏が、人間の知覚世界を説明する際に使用した言葉(implicate order=「暗在系」)で、対義的な語は「明在系」。「物質も意識も暗在系を共有している」と述べた。(「因果性とは何か」)

 

重要なのは、ボーム氏が述べている物質は、人間の体を構成している物質であると同時に、外界の物質もさしているということです。

 

 

共時性現象と思われる写真。その状況説明は以下のとおり。

「輝く茜雲に後ろ髪をひかれる思いで振り向いたとき、目の前に刻々と姿を変える雲を見た。他の雲よりひときわ動きのはやい龍の体のような姿にハッと心を奪われたご仁は、素早くカメラに収めたが…(中略)その雲の姿は、あまりにもリアルで、そして、亡くなった桃太郎の姿にそっくりであったのだ。雲となった犬の目は、生き生きとご仁を見据え、さらに口元では、何事かを語りかけている姿に見受けられたという。」([※3]『神秘の大樹 第3巻 文字・数・色で証す新次元』より)

§ 因果性が「ない」のか「説明できない」のか

 

ユング氏は「狭義の共時性は、たいていは個人的な例で、実験的にくり返しがきかない。」(『自然現象と心の構造』p.138)と述べています。たしかに、本人でなければ実感しにくいのは事実ですから、個人的な例は第三者によって客観的に評価できないという点は一般論として挙げられます。ただし、実験によって科学的な法則性を証明する手法を適用できることがらは、そもそも限定的であるはずです。

 

また、心は常に変化していて一定ではない性質があることを考慮すると、「実験的にくり返しがきかない」のは、ある意味当然のことではあります。物の性質にくらべて、心の性質はいっそう不安定であると考えられるので、狭義の「因果性」という尺度ではとらえ切れないということです。ですから、偶然の一致(共時性)が「因果的に関係ない」というのは、関連がないという全面的否定ではなく、今の物質科学の尺度(=因果性)では説明ができない[※]と受けとめるのが適切です。そのことをふまえると、共時的なことがら同士は因果的に関係ないという論理、または「非因果的」という表現には、誤解を生む可能性があることがわかります。[※「因果性とは何か」に記述]

 

というのも、私たち一般の日本人には、もともと仏教用語としての意味をもつ「因果」という言葉のほうが感覚的に何となくなじみがあるので、科学に適用される狭義の「因果性」と混同するおそれがあります。物の見方・尺度・その理論である科学が、「因果」の概念に対して正否を判定したり、観念そのものを否定したりしているとは考えられません。物質科学的な手法では因果性を判定できないという見地から、以下のようにユング氏は(同著書において)結論づけていると考えられるのです。

 

  • 共時的要因は、空間時間因果性という承認されている三組の上に第四番目としてつけ加えられるべき知的に必要な原理の存在を主張しているだけである。(p.132)」
  • 因果性は空間と時間の存在と物理的変化に拘束されて」いるため、「意味深く偶然に一致する諸因子間の相互連関は、どうしても非因果的なものと考えられねばならない」(ともにp.39) 

 

また、共時性現象のもつ意味が、個人的(特殊)か普遍的かは、心の方向性が大きく関わっているようにおもいます。科学的・客観的尺度とはちがって主観的であるとはいえ、縁を引きよせる当事者の心が、何を観ているのか、どこに向いているのかによって、現実に起きることがらにも差が生じると考えます。心の次元や純度、思いの深さなどに応じて、縁にも差が生じると考えることは、心と体の関係[※]や先ほど述べた心と物質一般の関係をふまえると、さほど飛躍したものではないとおもいます。[※「体と心の相関性」参照]

 

偉大な実績を積み重ね、私たちに恩恵をもたらしてきた科学ですが、心は解明できていない部分が多いのも事実であり、科学的尺度を過度に重視することは、結果として心の奥深さや神秘性を見落とすことになりかねません。これは私の想像ですが、ユング氏は、「空間、時間、因果性という承認されている三組の上に第四番目として」(『自然現象と心の構造』より引用)共時的要因の存在を科学的証明によって確かなものにしなければならないという科学者としての強い信念のいっぽうで、科学で割り切れない現実に対する葛藤をいだいていたのではないかとおもいます。

 

科学で証明されていないのであれば怪しむべき事柄である、という考えは偏見だとおもいますが、そういう考え方が世のなかに漂っているのも現実です。しかし、科学者のなかには、上記のように専門を踏まえた考察によって、心的「因子」と「物質的宇宙」とを関連づけた人[※]が存在しています。

 

[※]理論物理学者デイヴィッド・ボーム氏

 

生命に対する見方(生命観)が問われているいま、先人の研究とその意志を正しく引き継いだり理解したりすることで、先入観や固定観念を脱する必要があるのは言うまでもありませんが、共時性現象は生命世界の根幹に関わるため、それが示唆している価値[※]は、一般的におもわれているものよりも大きいと言わねばなりません。故・ユング博士も、進歩をいちばん望んでおられるのではないかと想像しています。

 

 

共時性現象と思われる写真。その状況説明は以下のとおり。

[※]写真は『死んでも生きているいのちの証し』。平成5年8月6日広島の元安橋で拾った一羽の小さな折鶴。開いて現れたのは日月神示で知られる岡本天明氏の出生地「倉敷市玉島」の文字。著者は、新聞で知った岡本天明絵画展を観るため山形県から訪れていたという。(下記「共時性の真価」に詳述)

 

 

 

関連ページ

共時性とは何か

(共時性の定義) 

因果性とは何か

(共時性と因果性)

出典・参考図書

▼図書館検索

書籍『自然現象と心の構造』を図書館情報サイト「カーリル」で検索します

自然現象と心の構造
非因果的連関の原理

C.G.ユング,W.パウリ/海鳴社/1976年

1955年に米国と英国で出版された英語版の『自然の解釈と精神』(The Interpretation of Nature and the Psyche)の日本語訳版。心理学者であるC.G.ユング氏の論文を、同じく心理学者である河合隼雄氏が、物理学者であるW.パウリ氏の論文を、科学史研究者の村上陽一郎氏が翻訳している。

 

 

▼図書館検索

書籍『宗教と科学の接点』を図書館情報サイト「カーリル」で検索します

 

宗教と科学の接点

河合隼雄/岩波書店/1986年

ここでいう宗教とは、特定の教義をもつ各宗教のことではなく、心や魂を担当してきた分野という広い意味をさしている。これまで単純に対立的にとらえられてきた物と心の問題をだれもが真剣に考えることは、21世紀の人類を考える上できわめて重要だとしている。

 

 


▼図書館検索

書籍『量子力学と意識の役割』を図書館情報サイト「カーリル」で検索します

 

量子力学と意識の役割

ブライアン D.ジョセフソン/フリッチョフ カプラ/O.C=ド・ポールギャール/リチャード D.マトゥック/デヴィッド・ボーム/竹本忠雄監訳/たま出版/1984年

物理系とは異質の観測主体(意識)の存在を認めないと、量子の物理的過程の解釈はできないという課題に挑んだ物理学者たちの論文集。デヴィッド・ボーム氏による論文は、「宇宙の暗在系-明在系と意識」。

 

 

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第三巻 文字・かず・色であかす新次元』の詳細・閲覧ページにリンクしています

神秘の大樹 Ⅲ
文字・数・色で証す新次元

菅原茂/おりづる書房/2012年

本の総合情報

文字・数・色は人間の意思だけではなく、生死の境やほかの生物などと境なく、いわゆる「霊」や「魂」の意志性を代弁している。 共時性現象(=偶然の一致)は、それを認識させてくれると同時に、一人ひとりに対するあたたかい道案内の現象だと伝えている。

 

 


▼閲覧と図書館検索

書籍『死んでも生きているいのちのあかし』の詳細・閲覧ページにリンクしています

死んでも生きている
いのちの証し

菅原茂/たま出版/1997年

本の総合情報

 

共時性現象の体験記録をもとに、生命の本質は不滅だと伝えている。 酒乱人生から夫婦二人三脚で新たな人生を再出発させた著者。自らの足元を照らすかのような共時性現象の記録を随想としてまとめている。また、本の表紙を飾る稲穂はこの著書の本質を象徴している。

 

 


共時性とは何か

この画像は上の見出しのページにリンクしています

時空や生死を超え、人種や生物種も超えて、いのちには境界がない証し

 

因果性とは何か

この画像は上の見出しのページにリンクしています

「因果性」の実際は、それほど単純ではなく、もっと複雑。科学的な「法則」は、限定的な条件のもとでのみ有効だ。

 


共時性の真価

この画像は上の見出しのページにリンクしています

平成5年8月6日、広島平和公園で偶然発見された一羽の折鶴。共時性の真の価値は、生命現象そのものではなく、それが生命の真実を示していることだ。

 

体と心の相関性

この画像は上記見出しのページにリンクしています。

私たち現代人が見失っている食の本質。生命と生命現象の根源は食にある。自分のいのち食のいのちに対する考え方が問われている。

 

サイトの概要

この画像は上の見出しのページにリンクしています

サイトの趣旨、本の紹介・説明、これらの本を推す理由、サイトマップほか