共時性現象を通して観る生命

参 考 図 書

索引

 

スピリチュアリティー
(心霊・自己改革)

 

スピリチュアリティー
(共時性・生命世界)

神秘の大樹 1~4巻

 

スピリチュアリティー
(超自然・神霊)

 

自然と生命

 

心理学者 × 物理学者
(共時性)

(※理論物理学者の見解を引用している)

 

物理学(量子力学)

 

ノンフィクション


紹介した本/引用元

 

以下は出版年が新しいものから順に列挙しています。

 

ナガサキ
核戦争後の人生

スーザン・サザード/宇治川康江訳/みすず書房/2019年

 

長崎で原爆被害に遭った人々の半生を描く、米国で出版されたノンフィクション小説の日本語訳版。原爆被害者の痛ましい経験を米国人の多くが知らない現実と背景に踏み込む姿勢、被害当事者の体験を忠実に描いたであろう内容に驚嘆させられる。

主な引用箇所

「平和の原点は人の痛みがわかる心をもつこと」(p.379)

▼図書館検索

書籍『ナガサキ』を図書館情報サイト「カーリル」で検索します

 


 

神秘の大樹Ⅳ
田之助とミロクの亀

菅原茂/おりづる書房/2012年(平24)

酒乱から脱却し、自分のいのちに目覚めて間もない著者が、心おもむくままに訪れた旅先で次々と出会う「亀」。体験の記録を、第2巻と共通するシナリオ形式のコミカルな物語として展開し、縁は単なる偶然ではなく、宇宙根源に根ざす生命の本質(真性魂)による道案内だと伝えている。

主な引用箇所

「結果はまた新たな原因体となり、縁を結んでまた新たな結果を生む。そのリズムは代々消えることはない。因果=因果=因果=因……」(p.161)

 

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第四巻 田之助とミロクの亀』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

神秘の大樹 Ⅲ
文字・数・色で証す新次元

菅原茂/おりづる書房/2012年(平24)

文字・数・色は人間の意思だけではなく、生死の境やほかの生物などと境なく、いわゆる「霊」や「魂」の意志性を代弁している。共時性現象(=偶然の一致)は、それを認識させてくれると同時に、一人ひとりに対するあたたかい道案内の現象だ。

主な引用箇所

「心の波長を限りなく微細に絞り込んで、集中力を高めようとする。その集中度の個人差がある中で、各人が、それらの思いを寄せたところの、心の磁場において、はっと何かを知覚する瞬間がある。それはあの、魚を釣り上げる一瞬にも似て、心が何かと見事に同調する体験は得難いものである。」(p.123)

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第三巻 文字・かず・いろであかす新次元』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

神秘の大樹Ⅱ
ヒロシマとつる姫

菅原茂/おりづる書房/2011年(平23)

「現実を生きる自分が、実は億万年から連なる亡き心たちの複合霊体(魂)であること、そして、死んで消えたのではなく、心は実に生き生きと輝いていて、自分を自分たらしめている原動力であるということ、そして、死んでも生きている心の世界」にも言及している。

主な引用箇所

「複合霊体」、「一人ひとりのいのちの中で命が新たないのちを育て上げるまでの運びには、いかなる人知も、いかなる自我も立ち入ることができません。立入厳禁の〝聖域〟なのです。」「青く澄んだ いのちの星 われらの〝地球〟 地球初の洗礼 原爆の傷跡まだ癒えず 人類初の洗礼〝広島〟 原爆の傷跡まだ癒えず そして〝長崎〟 地球も広島も長崎も 魂の傷跡いまだ癒えず 広島の 元安川の 元安橋に降り立った 〝一羽の折鶴〟 平和のシンボル〝折鶴〟 万霊が集いに集う元安橋 元・安らぎの川原に集う万霊万魂 万霊集う平和の集い 元・安らぎの元安橋に 一羽の折鶴が降りた 平和の折鶴が降りた」

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第二巻 ヒロシマとつる姫』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

神秘の大樹Ⅰ
偶然が消える時

菅原茂/おりづる書房/2011年(平23)

いまを生きている自分(あなた)自身の存在こそ、肉体をまとい、服を身につけている霊魂そのものだという。霊魂というと、わが身の外に存在し、わが身の外で起きる「現象」と考えがちだが、そもそもそれは私たちのからだやこころに内在し、わが身の中で起きていることがらなのである。

主な引用語句

「複合霊体」、「心の磁場」、「いのちの絶対調和力」

▼閲覧と図書館検索

書籍『神秘の大樹 第一巻 偶然が消える時』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

いのちの顔

菅原茂/おりづる書房/2009年(平21)

この“いのちの顔”は、主に、雲を筆頭にしたものが多くなっている。(まえがきより抜粋)

主な引用箇所

「外国勤務の息子が帰省するというので、その時妻は愛犬の写真を頼んでいた。そして10日のこと、台所の布巾が「犬」の顔に見えたのである。その時"1時14分"息子が出発したのが"1月14日"のことである。帰宅した息子から写真を見せてもらい驚いた。布巾で見せた犬とそっくりなのだ。」(p.18)

▼閲覧と図書館検索

フォトエッセイ『いのちの顔』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

いのちのふる里

菅原茂/おりづる書房/2008年(平20)

便利な生活を享受するために、工業を中心にしてひた走ってきた日本社会。そのいっぽうで、むかしもいまも、ずっと変わらずいのちの原点でありつづける食のふる里。個人の生き方として、また社会の健全な姿としてのバランスを、どうやって回復したらよいのか。私達の体と心は原点に帰れるのか。

主な引用箇所

「思考の世界では主観と客観に分離出来るが、いのちの世界から見るならば、主観も客観もなく世界は一つだ。外の世界と自分は完全に分離していると考えがちだが、いのちの世界から見た時そうではなくなる。内なるスクリーンには常に外の世界が映し出されているのが真実だ。“内は外なり、外は内なり 主観は客観、客観は主観なり”ということになる。」(p.19)

▼閲覧と図書館検索

フォトエッセイ『いのちのふる里』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

ニールス・ボーア論文集1
因果性と相補性

ニールス・ボーア/山本義隆編訳/岩波文庫/1999年(平11)

原子構造の解明、原子核理論の構築など、量子力学を開拓した理論物理学者のN.ボーア氏による論文集の邦訳。

主な引用箇所

「主観もまた私たちの心的内容に属するのであるから、主観と客観のあいだの厳格な区別を維持することはできないのである。」(p.70)「作用量子の発見により、私たちは、原子的過程のたちいった因果的追跡は不可能であり、その過程の知識を得ようとするどのような試みも、その過程に基本的に制御不可能な影響を及ぼすということを学んだ。」(p.74)

▼図書館検索

書籍『因果性と相補性』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

 


 

死んでも生きている

いのちの証し

菅原茂/たま出版/1997年(平9)

平成5年8月6日の広島。岡本天明絵画展を訪れた著者夫妻は、「一羽の折鶴」と運命的な出合いを果たした。これを機に同夫妻が山形から天明氏の墓参に訪れる旅の道中で出合う数々の縁を通して、偶然の一致の必然性を強調するとともに、生命の本質は死んでも消えないことを訴えている。また、生命の本質的な視点から食に言及している点が印象的。本の表紙に描かれた稲穂はこの本を象徴している。共時性現象を切り口に生命とは何かという命題を語っている。

主な引用箇所

「生命界の情報量において、動物界は、植物には到底及ぶものではないと思うし、ましてや知性を最大の武器とする人間は、自然界の生命エネルギー情報キャッチにおいて極めて退化傾向にあるのではないか。そのことは、自然力、自然智という感覚から次第に遠のくことを意味する。」(p.47)「動物は大地から分離して生きているから植物のような訳には到らず、ましてや、知性の高い人間は、生命情報感ではキリ(低)に属することになる。おのずから五感で感ずる外的心の情報にたよりがちとなり、」(p.254)「大地に根を下し、地球生命の体温の中で親の心(地球の心性波動)をしっかり受け取り、自然のリズムにそって共に生きる。」(p.254)

▼閲覧と図書館検索

書籍『死んでも生きているいのちのあかし』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

ひふみ神示(上巻)

岡本天明/コスモ・テン・パブリケーション/1994年(平6)

岡本天明氏の「自動書記」による著書。文中には、この神示そのものについて、人としての「道」を示したものであり、特定の宗教として広めてはならないという主旨のことが書いてある。長編であり、難解な箇所もある。諸説あるが、「アレの巻」の冒頭に書かれたごく短い二文が最も重要な部分だとも言われている。

主な引用箇所

「いわとびらきなりなるぞ。まこといわとはとはぞ。(言答開き成り成るぞ。誠言答は永遠ぞ。)」

▼図書館検索

書籍『ひふみ神示』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

 


 

酒乱 米の生命が生きるまで

菅原茂/MBC21/1993年(平5)

暴走する酒への欲望と現実。その一部始終を生々しく描き、欲望が湧き出る私たち人間の心のメカニズムを明るく誠実に伝えている。もがき続けた著者を目覚めさせたものとは何だったのか。人間はいわゆる「煩悩」を抱えている生き物だ。早晩、自分のいのちに目覚めてゆかねばならない。その点で、この本が伝えようとしていることは、極めて普遍的。

主な引用箇所

「ここではっきりしていることは、子孫の誰かが、この先祖ぐるみの悪習慣を断ち切らなくてはならない。命がけで、生命に恥じない人間性を取り戻さなくてはいけないのである。  そのためにも、単に人間的自我というくらいでは到底太刀打ちができない。自然界の愛が窓口にならなくては、汚れ切って、軟弱化した人間の心を、浄めることはできないだろう。人間発生前の、生命の愛に戻って、我々を、「生かして、生かして、生かし続ける愛の力」を借りなければ、人間は改心できない。」  「人間以前の食物たちの生命(心)に戻らないと、人は成仏できない。人霊の活躍は、まだ自我がある。人間以前の生命の愛がないと成仏できない」(p.110〜111)

▼閲覧と図書館検索

書籍『酒乱こめのいのちが生きるまで』の詳細・閲覧ページにリンクしています

 


 

宗教と科学の接点

河合隼雄/岩波書店/1986年(昭61)

ここでいう宗教とは、特定の教義をもつ各宗教のことではなく、心や魂を担当してきた分野という広い意味をさしている。これまで単純に対立的にとらえられてきた物と心の問題をだれもが真剣に考えることは、21世紀の人類を考える上できわめて重要だとしている。

主な引用箇所

「理論物理学者のデイヴィッド・ボームは、われわれが知覚している世界は、一種の顕現の世界であり、その背後に時空を超えた全一的な、彼の言う暗在系(implicate order)を有しているとの画期的な考えをもつようになった。」(p.57~58)「人間はものごとを知覚する際に相当な捨象を行い、顕在系として存在しているものを知覚する。(中略)ボーム氏の言葉を借りると「物質も意識も暗在系を共用している」のだから、すべての事象は人間の意識とつながっているわけである。」(p.58~59)「人間の心を「客観的対象」と見なそうとしても、観察者自身も「心」をもっているので、そのようなことが成立しないのである」(p.192)

▼図書館検索

書籍『宗教と科学の接点』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

 


 

量子力学と意識の役割

ブライアン D.ジョセフソン/フリッチョフ カプラ/O.C=ド・ポールギャール/リチャード D.マトゥック/D.ボーム/竹本忠雄監訳/たま出版/1984年(昭59)

物理系とは異質の観測主体(意識)の存在を認めないと、量子の物理的過程の解釈はできないという課題に挑んだ物理学者たちの論文集。デヴィッド・ボーム氏による論文は、「宇宙の暗在系-明在系と意識」。

主な引用箇所

「たがいに寄り集まって次の瞬間を構成するであろう全ファクターの集合体は、総合的状況のなかに巻き込まれて〔暗在化されて〕いる。そしてこのような事物の全体的状況か[※]内にはらむ必然性の力をとおしてこれらのファクターは「巻き込まれ」ながら(暗在的に)結合されて、新しい事物の状況を産みだすにいたるのである。」[※原文「か」は「が」の誤りか](p.275)「次の段階に何が湧出するかを主として決定するものは、茫漠とした意識の背景に大きく横たわる暗然たる内容のほうなのである。(中略)あとの瞬間の内容が前の瞬間に含まれた内的本質を顕わにするのであり、そこに生ずるものこそは、まさに、この内的本質の巻きもどしなのである。」(p.265)

▼図書館検索

書籍『量子力学と意識の役割』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

 


 

自然現象と心の構造
非因果的連関の原理

著・訳者下記/海鳴社/1976年(昭51)

1955年に米国と英国で出版された『The Interpretation of Nature and the Psyche』(『自然の解釈と精神』)の日本語訳版。心理学者であるC.G.ユング氏の論文を、同じく心理学者である河合隼雄氏が、物理学者であるW.パウリ氏の論文を、科学史研究者の村上陽一郎氏が翻訳している。

主な引用箇所

「自然法則は統計学上の真理である。それはわれわれが巨視物理学的量を扱っているときにのみ完全に妥当なことを意味している。」「原因と結果の間のつながりがただの統計学的にのみ妥当であり相対的にしか真理でないことが明らかになるなら、因果性の原理は、自然の諸過程を説明するのにただの相対的にしか役立たず、」(p.5)「共時性は、ある一定の心の状態がそのときの主体の状態に意味深く対応するように見える一つあるいはそれ以上の外的事象と同時的に生起することを意味する。」(p.33~34)

▼図書館検索

書籍『自然現象と心の構造』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

 


 

現代物理学における
因果性と偶然性

デヴィッド・ボーム/村田良夫訳/東京図書/1969年(昭44)

量子力学の成果や有用性を認めながらも、量子力学に対する永久的・絶対的な見方や論法に批判的な立場をしめしたボーム氏。機械論的自然観への批判的考察を通じて、直面しつつある(するかもしれない)物理学の限界を打ち破り、進化し続けねばならないと考えていた。

主な引用箇所

「上述の例では,マラリアの原因はただ一つしかないと仮定して,我々は問題をかなり単純化してきた.しかし、病原菌をもった蚊に刺された人が,すべて病気になるとは限らないから,この問題は,実際には,はるかに複雑である.」(p.18)「一つの仮定された原因の変化が結果に相当な影響をもつ事を証明しても,それはわれわれが,意味のある原因の一つを発見したことを示すにすぎないからである.」(p.19)

▼図書館検索

書籍『現代物理学の因果性と偶然性』を図書館検索サイト「カーリル」で検索します

共時性とは何か

cloud like the dog

時空や生死を超え、人種や生物種も超えて、いのちには境界がない証し

 

因果性とは何か

広義の因果性(想像図)

「因果性」の実際は、それほど単純ではなく、もっと複雑。科学的な「法則」は、限定的な条件のもとでのみ有効だ。

 

偶然にひそむ因果

cloud like the dog

因果性がないというより、今の科学の尺度では説明できない、と言うべきではないのか。

 


共時性の真価

一羽の折鶴

平成5年8月6日、広島平和公園で偶然発見された一羽の折鶴。共時性現象の真の価値は、生命現象そのものではなく、それが生命の真実を示していることだ。

 

体と心の相関性

在来原種の亀ノ尾と女鶴

私たち現代人が見失っている食の本質。生命と生命現象の根源は食にある。自分のいのち食のいのちに対する考え方が問われている。

 

サイトの概要

『神秘の大樹』シリーズ

サイトの趣旨、本の紹介・説明、なぜ今これらの本を推すのか。サイトマップ他